「日本の風土にあった、日本人に愛されるウイスキーを造ろう」と、ウスケの生みの親、鳥井信治郎さんが国産ウイスキー造りに取り組んだのは大正12(1923)年のことです。

山崎蒸留所

山崎蒸留所

この時代、ウイスキーというと「焦げくさいお酒」というイメージが強かったんだそうですよ。当時は外国からの輸入に頼っていたから、日本人の味覚に合わなかったのかもしれませんね。

そういうわけで、国産ウイスキーの製造場所として選ばれたのが、今回お邪魔した天王山のふもとにある山崎の地というわけ。

竹林

建物のすぐそばは緑でいっぱい

この土地の水が古くから名水であったこと、そして、水温の違う桂川、宇治川、木津川が合流することで絶えず霧が立つ土地柄であったことも、ウイスキー造りに適しているということで決まったのだそうです。

仕込み・発酵室入口の消毒液

仕込み・発酵室入口の消毒液

製造工場に入る前は、時節柄、手指の消毒を忘れずに。アルコール度は高いけど食品ですもんね。

工場見学に関しては長くなりそうなので、興味のある方はホームページ「E-ne.」にまとめた「シングルモルトを楽しもう:山崎蒸留所 工場見学」を読んでもらうとして、ブログでは印象に残ったことを中心にまとめていきます。

ポットスチル1

右側に並んだポットスチル

とにかく、印象に残ったのはその多様さ。山崎蒸留所のウイスキー造りでは、発酵槽もステンレス製と木製の2種類があるほか、蒸留釜も大きく分けて3種類の釜を使い分けているそうです。

ポットスチル2

左側に並んだポットスチル

釜の形によって、できあがるウイスキーの味にも違いが出るんだそうですよ。

長くて膨らみがある釜からはカドがとれた軽快な味わいのウイスキーが生まれ、短くて直線的な釜からは麦の重厚感のあるしっかりした味わいのウイスキーが生まれるのだそうです。

蒸気の回り方や蒸留液の落ち方で違ってくるらしいんですけど、ウイスキーってほんとに繊細な飲み物だったんですね。

こんなふうに設備だけでも様々なパターンを持つ山崎蒸留所ですが、これもウイスキーの特性とサントリーの信念によるもののようです。

【関連記事】
サントリーのウイスキー講座情報と蒸留所周辺の観光スポット
ウイスキーの楽しみ方 テイスティング&ハイボール
ジャパニーズウイスキー 時が育てるウイスキー樽
> ジャパニーズウイスキー いろんな形のポットスチル
ウスケに会ってきたよ!

【関連サイト】
E-ne. シングルモルトの楽しみ方 山崎蒸留所 工場見学1
E-ne. シングルモルトの楽しみ方 山崎蒸留所 工場見学2
E-ne. シングルモルトの楽しみ方 山崎蒸留所 工場見学3

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます