桃のワイン

コープさんでゲット、桃のワイン

きれいな色でしょ~♪ ピンク色のブログによく合いますよね(笑)3月は桃の節句ということで買ってみたお酒、「桃のワイン」です。これ、おいしかったですよ~。

管理人は小さいころから、「好きなチョコレートはウイスキーボンボン!」と言ってはばからなかった子どもだったのですが、どうも「ウイスキーボンボン=酒好き」だったわけではなく、単に「甘い味のついたお酒が好き」だったのだとこのワインで認識を新たにしました。なんか、大げさだな(笑)

ともあれ、このワイン、甘口なんですよ。

同じシリーズに「紀州梅のワイン」とか、「苺のワイン」とか、「桜桃(さくらんぼ)のワイン」とか、「梨のワイン」なんていうのがありますが、桃のワインと同じく「甘口」と書かれているのは梨のワインだけ。あとは全部、「やや甘口」となっています。

でもね、かなり甘いんだけど、おいしいんです。甘い甘い桃の味です。

桃のワイン ラベル

ラベルには大きな桃のイラスト

表のラベルには「果実酒」と書かれていて、裏のラベルには、「ワインに桃果汁を加えてつくりました。みずみずしい桃のおいしさとやわらかな余韻をお楽しみください」と書かれています。

桃といっても、ネクターみたいにトロッとしてるんじゃなくて、すっきりさっぱりした口当たりなのは、そんなふうにワインに桃果汁を加えてつくっているせいなのかな? 香りもかなりきつい桃の香りなのですが、それがかえってみずみずしさを感じさせてくれるんです。

桃のワイン 色

透明感があります

色も透明できれいですよね。冷た~く冷やすと最高ですよ♪
管理人は、ご飯の前にちょっぴりいただく食前酒スタイルがかなり気に入りました。

裏ラベルにも飲み方に、「食前酒やデザートワインとして」と書かれているので、これが正当な楽しみ方のようです(笑)

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます