サントリー ウォータリー

サントリー ウォータリー

MONO-PORTALのリニューアル企画第一弾、「この商品をレビューしたい!」のレビューです。私がモニターすることになったのは「サントリーの角瓶」。おすすめレシピは「さらにすごいハイボール」です。

ハイボールというのは、簡単に言うと「ウイスキーの炭酸飲料割り」のこと。角瓶についてきたレシピによると、本格的に「さらにすごいハイボール」を楽しむには「うすはりグラス」を使うのがおすすめのようです。

でも、うちにはないので、普通のグラスで試してみました。なので、「1/2だけ、さらにすごいハイボール」です(汗)

レシピを書き起こしてみるとこんな感じ。

「さらにすごいハイボール」の作り方 <角ハイボール>

1.うすはりグラスに、たっぷりのかちわり氷を入れて冷やす
2.冷凍庫で冷やした角瓶を注ぐ
3.冷やしたザ・プレミアムソーダを丁寧に入れる(ウイスキー:ソーダ=1:2~3)
4.炭酸が逃げてしまわないようマドラーでタテに1回混ぜる
5.お好みでレモンをピールする

ええ?? ウイスキーを冷凍庫に入れちゃって大丈夫?(汗) 少し心配になったんですけど、大丈夫みたいです。

冷凍庫

冷凍庫の温度ではウイスキーは凍らない

家庭用冷凍庫は大体-20度くらいまで。扉の開け閉めもあるので、-18度くらいにしかならないそうです。一方アルコールの融点は-114.1度。なので、ウイスキーを冷凍庫に入れても凍ってしまうことはないようです。

実際にはアルコールのほかに水などの不純物が含まれていてそれが凍るので、ちょうど「とろみ」がついたような状態になるそうですよ。この状態を「トロ角」と言います。

この状態になると、アルコール感が弱まって口当たりがまろやかになるそうで、水割りにしたときも氷が溶けにくくなるという利点があるようです。

そういえば「すごいハイボールの作り方」では2.と3.の間に「ソーダを入れる前によくかき混ぜる」という手順があります。これは希釈熱でグラス内の温度が上がるため、ウイスキーを冷やす必要があるからみたいなんですけど、「トロ角」になっていればかき混ぜなくても大丈夫ってことなのかな。

手順が少ないってことは、その分手早く作ることができるから、これはちょっといいですね♪ それでは早速、作ってみましょう。

さらにすごいハイボールの作り方

さらにすごいハイボールの作り方

まず1番。必要なものはあらかじめ準備。ついでに飲んですぐに寝られるように、あらゆる用事をかたづけておきます。なんといってもアルコール度が高いお酒ですもんね。外で飲むときはこんな強いお酒は怖くて飲めませんが、おうちバーなら安心です♪

準備したのはよ~く冷やしたグラスに冷凍庫で冷やした角瓶、冷え冷えのソーダ水にロックアイス、マドラーがないので、お箸。

ってことで、2番。グラスに氷を入れます。続けて3番、ウイスキーです。そして4番。なるべく氷にソーダ水が当たらないように慎重に注ぎ入れて… ちょっと氷が足りなかったので途中で足しちゃいました(汗)

そして、軽く1回混ぜて完了。このときソーダの泡が飛ばないように、クルリと回したりせずに、タテに混ぜるんですよね。そして…

チョコとウイスキー

チョコとウイスキー

ついでにチョコも準備してみました。スーパーで特売だったんです(笑)

さて、初ハイボールの感想は…

う~ん、最初の1杯目は正直「薬臭い」という感じがしました(汗)「なんでだろう~、濃度のせいかな」と思いつつ、2杯目は「ウイスキー:ソーダ=1:2」にしてみたり。

いろいろ濃度を変えてみた結果、どうも慌てて飲むと薬臭く感じてしまうようです。つまり、ジュースや麦茶を飲むようにゴクゴク~っと飲もうとすると薬臭さを強く感じちゃうんですね。少しずつ、口に含んでそれから飲み込むといった感じで一呼吸置くと、ウイスキーの香りとか風味を感じることができるような気がします。

…単に、慣れてきたせいもあるかも。←4杯目の感想

ともあれ、あまりゴクゴク飲むものではないようです。ソーダでシュワシュワするから、ついゴクゴクいきそうになるんですけど(汗)

お供に用意したチョコレートも、「冷たいハイボールと一緒だとどうもダマになって食べにくいな~」と思ったら、こちらもウイスキーと一緒に口に放り込むのではなく順番に口に入れるといいようです。

一緒に口に入れるのではなく、いずれかの余韻を感じているタイミングでもう一方を口にする、ということだ。ウイスキーを味わったら、その香りの余韻を感じている時にでチョコレートをひとかじり……。チョコレートの風味の余韻を感じているうちにウイスキーを一口、といった手順になる。

マイコミジャーナル
いま、ウイスキーが静かなブーム – 初心者も無理なく楽しめる方法を伝授

なるほど、慌てちゃいけないのかもしれませんね。ウイスキーそのものが5年も10年もかかって出来上がる物だから、もともと時間を味わう飲み物なのかもしれません。

そんなことをふと思ったんですけど、確かめるにはちょっとウイスキーが足りなくなってしまいました(汗)

空になったボトル

飲んじゃいました(汗)

この件は次回、いつか改めて購入してから確認してみようと思います。

おまけ。
UKAblogさんとこで紹介されていたカウボーイをうちも作ってみました♪ 牛乳&ウイスキーです。

カウボーイ

カウボーイ初体験

わ~、これはおいしいですね! ツンッとした薬臭さというか、ウイスキーの嫌な感じが消えちゃいます。さらにやわらかな甘味が出てくるんですね。

牛乳だからハイボールみたいな軽さはないけれど。牛乳の分、ウイスキーの香りや風味が少し抑えられてしまうようだけど。でも、すごく飲みやすいです。これならアルコールが苦手な人でも飲めますよ。

ただし度数は高いので、酔っぱらってもOKなようにおかたづけをしてから楽しむのがお勧めです(笑)

【関連記事】
> 1/2だけ、さらにすごいハイボール
サントリーの角瓶、到着!
この商品をレビューしたい! サントリーの角瓶

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます